クラウドクレジットが7.5億円を調達

11/30のニュースリリースで私も資金を運用しているクラウドクレジットが7.5億円を調達し、9月の調達分と合わせて8.8億円を調達しました。出資したメンバーがマネックス、ソニー、ヤフーなど錚々たる顔ぶれです。同社はこれまでも何度か資金調達をしていて、過去に第一生命、三菱UFJキャピタル、伊藤忠商事なども出資しています。いずれも日本を代表する大企業です。

ネットを探すと同社の決算公告が見つかります。2017年12月時点のものが最新で、今から1年前になるのですが、2017年12月期は当期純利益は△195百万円だったようです。1年で2億円近い最終赤字を計上するのは一見大きい金額に見えます。推測するに今は利益の確保よりも、会社の知名度アップ、売上の拡大等に重点を置いていて、費用が先行しているのだと思います。

これは事業拡大中のベンチャー企業には往々にして見られることです。例えばメルカリも正にこのケースに当たり、日本国内事業では黒字なのにアメリカでの先行投資が嵩んで赤字になっています。「足元の利益を追うのではなく、中長期的な視点で経営している」と以前参加したセミナーでメルカリの小泉社長が言ってました。

なので、クラウドクレジットの単年の赤字だけを取り上げて直ちに問題があるとは思いません。

一方でクラウドファンディング業界は成長過程にありますから、規模・信用力ともに不安が拭えない部分があるのも事実です。そんな中で、この様に大手企業から出資を受けられるというのは、信用力補完の意味でポジティブに捉えています。お金を預ける個人投資家としても安心材料になることは間違いありません。

クラウドクレジットは海外案件に特化している非常に珍しい会社で私も応援しています。今回集めたお金の使い道としては、「マーケティング施策」、「システムセキュリティ」、「コーポレートガバナンス」の強化に加え、「新機能の開発」だそうなので、更なる飛躍が期待できそうです。

クラウドクレジットに興味を持った方は是非以下のリンクからHPを見てみてください!

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。