LENDEX 筧 前社長はなぜ退任したのか?

LENDEXの社長が3月1日付けで電撃交代です。

創業者でもあった筧氏が退任して、元財務官僚の田川氏が新社長に就任しました。

スポンサーリンク

田川新社長の経歴

田川新社長の経歴をリリースから抜粋します。年齢は今年で59歳です。

【新代表者】 代表取締役社⻑ 田川 徳彦(たがわ のりひこ)
〈略歴〉
1960 年生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。
1984 年 4 月 大蔵省 入省
1994 年 3 月 金属鉱業事業団キャンベラ事務所 副所⻑
2001 年 7 月 総務省 行政管理局 副管理官
2013 年 7 月 財務省 国際局調査課 為替実査室⻑
2015 年 7 月 財務省 預金保険機構検査部 審理役
2017 年 1 月 退官

田川新社長の事業への貢献度は?

田川新社長の経歴を拝見しても、ソーシャルレンディング業界に関りはないようです。従ってLENDEXの事業に直ぐに貢献できるとは思えません。

ちなみに田川新社長はおそらく「ノンキャリ」だと思います。中央官庁で偉いポストに就く役人は全員「キャリア官僚」ですよね。東大や京大を卒業して国家公務員Ⅰ種試験に合格した人たちです。

田川新社長は、24歳で大蔵省に入省した後、外郭団体や総務省を経て、53歳の時に財務省で室長のポジションについて審議役で退官しています。

キャリア官僚だったら30代で課長になって最後は審議官や事務次官まで上がるのが普通なので、田川新社長はノンキャリだと判断しました。

ノンキャリが職員の大半を占め役所を支えているのですが、キャリア官僚のように権力がある訳ではないので、何かあっても中央官庁へのコネは期待できないでしょう。

筧前社長の経歴

筧社長がなぜこのタイミングで退任したのか気になります。勝手に詮索してみます。

筧前社長は公認会計士で清和監査法人を立ち上げた人物です。清和監査法人は、胡散臭い上場企業の監査を引き受けることで有名です。過去に行政処分されたこともあります。

監査査法人よって監査結果に対する信頼度は違います。たとえばトーマツは「厳しめの監査をするので信用できる」、新日本は「普通かな」とかです。

私の銀行員時代のイメージでは、清和監査法人は「柔軟な」会計処理を認める監査法人で、その辺の「緩さ」を求める企業から支持を受けていました。

清和監査法人の監査は緩いので、私は清和を監査法人にしている会社もイマイチなんだろうなぁと見做していまいした。

そんな筧前社長が立ち上げたのがLENDEXです。私は筧前社長の経歴を考えると、LENDEXもどこか胡散臭いなと感じてしまい距離を置いていました。

ちなみにLENDEXの記事一覧はこちら↓

LENDEX | 元銀行員のひとりごと
「LENDEX」の記事一覧です。

筧前社長の退任は不祥事の前兆か?

上記の通り筧前社長はやり手であるものの危ない橋を渡る人物だと思います。そんな筧前社長が突然退任するなんて、何か悪いことが起きる前兆としか思えません。

社長交代の理由を私なりに検証しました。

健康上の理由?
であれば、そう書くだろうし理由が書かれていないのは不自然ではないでしょうか。

LENDEXが他社に買収された?
その旨が公表されるはずだし、買収した会社から社長が送り込まれるでしょう。

LENDEXが上場を狙っていて、筧前社長の経歴だと上場出来ないため社長交代?
大株主が筧社長のままでは上場できないのではないでしょうか。

田川新社長は財務省退官からLENDEX新社長就任まで2年以上も空白期間があるし、内部から役員が社長に昇格しても良いのに、外部から社長が突然やってくるのは違和感があります。

今回の社長交代は残念ながら悪い方にしか解釈できませんでした。

個人投資家としてはLENDEX案件への投資は当分見合わせる方がよさそうです。

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする