アンケート集計結果のご報告

先日実施したアンケートの集計結果をご報告します。アンケートにご協力いただいた皆様にはお礼を申し上げます。ありがとうございました。

スポンサーリンク

アンケート実施要領

日時:2019年2月21日~2019年2月28日
回答者数:質問①45名、質問②48名、質問③48名、質問④46名
回答方式:無記名、質問②・③・④は複数回答方式

アンケート集計結果

では早速、集計結果を発表します。

質問① ソーシャルレンディングの投資歴はどれくらいですか?

約半数の方が投資歴が1年以下という結果になりました。3年以下の方で全体の8割強を占めます。

質問② 投資したいソーシャルレンディング事業者を最大5つ選んでください。

やはりSBISLが1位で全体の4分の1を支持を集めました。2位以下はオーナーズブック、funds、クラウドバンク、CREAL、クラウドクレジットと続きます。

SBISLやオーナーズブックといった業界の「老舗」だけでなく、funds、CREAL等の新規参入組も上位に食い込みました。

円グラフでは全社を表示しきれないので、ご参考までに全社を網羅する棒グラフも作成しました。一世を風靡?したマネオは得票率1%となり下位に沈みました。

質問③ 案件選びで重視するポイントを最大3つ選んでください。

やはり事業者のブランド力が最重要視されています。全体の3分の1を占めます。その後ろを利回り、担保・保証の有無が続きます。個人的感覚とも整合する結果になりました。

質問④ 好きな投資カテゴリーを最大3つ選んでください。

投資対象のアセットとしては、国内不動産が1番人気です。全体の4割を占めます。2位は国内事業法人向け貸付、3位は太陽光発電でした。

国内事業法人向け貸付は担保付き案件は少ないものの利回りが高いイメージがあるので上位にランクインしたのかもしれません。

総じて海外案件は人気が無くシェアも低い結果となりました。海外案件のみを取り扱うクラウドクレジットが老舗ではあるものの事業者ランキングで6位に留まっている結果を反映しているようです。

まとめ

今回のアンケートを通じて当ブログの読者層が初めてわかりました。これまでは私の好き勝手に書いてきましたが、投資歴1年以下の方が半数を占めるため専門用語を言い換えたり、国内不動産に加えて、国内事業法人、太陽光発電など関する記事も充実させていければと思います。

今後もアンケート等を実施して、読者の皆様の興味に沿った記事を書いていきたいと思いますので、ご協力頂けますと幸いです。

最後にアンケートにご協力いただいた皆様に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

感想、ご意見等はコメント欄から頂戴できますと励みになります。

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする