【案件分析】SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 26号

SBISLが3月11日午前10時から掲題の案件の募集を開始します。開示情報を元に案件分析を行いました。

スポンサーリンク

案件概要

予定年間利回り: 6.5 %
借手資金使途: 借手が行う不動産担保ローン事業における事業資金
運用期間: 約12カ月 (2019年3月下旬~2020年3月末日)
募集期間: 2019年 3月11日 午前10:00~ 2019年 3月19日 昼12:00
募集額: 12億円
出資単位: 1口 5万円、最低1口以上
運用予定表: 2019年4月上旬頃までに交付予定(運用開始は2019年3月下旬~)
担保: 借手が「複数の第三債務者」に対して有する「抵当権によって担保された貸付債権」に質権を設定

借手・担保

借手

以下にSBISLのHPから借手の情報を抜粋します。借手は毎月募集している不動産担保ローン事業者ファンドと同様だそうです。

本ファンドの借手は、常時募集をしている「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」の借手と同一であり、東京都内で貸金業登録を行い、不動産を担保とした貸付事業を行っている企業です。

主に一都三県を中心とし、法人・個人事業主・個人(以下、まとめて「第三債務者」といいます。)を対象として、不動産に抵当権を設定したうえで、担保不動産の評価額の70%を上限とした金額を貸し付ける事業を行っています。また、本ファンドの借手は、下記の条件を満たしています。(2019年2月末時点)

① 資本金5千万円以上の企業
② 直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内
③ 利息制限法改正に伴う過払金の発生無し
④ 貸金業の業歴8年以上

担保

以下にSBISLのHPから担保に関する情報を抜粋します。担保も不動産担保ローン事業者ファンドの同様ですね。

担保については、借手が「複数の第三債務者」に対して有する「抵当権により担保された貸付債権」です。
(抵当権により担保された貸付債権に対して質権を設定しますので、この貸付債権上の担保不動産に対する抵当権も担保に含まれます。)

まとめ

主に以下の理由で私は投資しても良い案件だと判断しました。

  • 本案件は融資条件が厳しめである不動産担保ローン事業者ファンドと同様の条件での融資になるので、リスクは限定的だと考えられる。
  • 本案件シリーズは今回で26号だが、これまで1件もデフォルトしていない。しっかりした実績がある。
  • 融資条件が期間1年、金利6.5%、担保付きであり条件が魅力的である。