【案件分析】SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド1号

SBIソーシャルレンディングがSBISLメガソーラーブリリアントローンファンド1号の募集を開始します。募集開始日は3月14日午前10時です。

当ブログではこれまで不動産案件を扱ってきましたが、今後は太陽光発電案件に関する記事もアップしていきます。

スポンサーリンク

案件概要

予定年間利回り: 3.0 %
借手資金使途: 既存債務の借り換え資金(太陽光発電事業の事業資金)
運用期間: 約12カ月 (2019年3月下旬~2020年3月末日)
募集期間: 2019年 3月14日 午前10:00~ 2019年3月22日 昼12:00
募集額: 7億5,000万円
出資単位: 1口 5万円、最低1口以上
運用予定表: 2019年4月上旬頃までに交付予定(運用は2019年3月下旬~)
担保評価総額: 8億円

ストラクチャー

本案件は既に稼働中の太陽光発電所を担保にしたローン案件である「かがやき」シリーズの第1号です。開発フェーズの案件に資金を出す「かけはし」シリーズに続いて、完成して安定稼働フェーズに入った発電所に資金を出すのが本案件の「かがやき」シリーズです。

本案件は「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド11号」で建設資金を借り入れており、今回はそのリファイナンスになります。 「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド11号」 は2018年3月に組成され、金額7億2,600万円、金利7.00%でした。安定稼働後のリファイなので、2,400万円の増額リファイで、金利は7%→3%へ大幅ダウンです。

ストラクチャーに特別な点は無さそうです。担保2が所有権ではなく地上権なので担保価値と流動性の低下要因になるかもしれません。

担保物件

対象物件は「九州電力管内」にあるという情報しかわかりません。せめて県レベルは知りたいところです。土地の面積なども不明です。

収支はほぼ予測できる

太陽光発電は不動産投資と違って、売上(売電収入)がほぼ予測できます。売電単価と買取期間20年が法律で定められている上に、過去の気象データから日照時間が予測できるためです。

本案件の売電単価は24円/kwhであり、最新の数値18円よりは高いです。借手が作成した売電収入の予測は以下の通りです。なぜか13か月分あります。2019/3~2020/2の1年だと7,780万円です。この数値の正確性が太陽光発電で最も大切ですが検証する情報が無いので信用することにします。

SBISLの担保評価額は8億円です。年間予想売電収入が7,780万円なので、表面利回り9.72%です。今の太陽光発電案件の売買マーケットでは表面10%前後が標準ですので、ちょっとだけ利回りが低いかなという印象です。

ちなみに、融資額7億5,000万円に対して表面10.37%なので、投資家にとっては適正なレベルです。

太陽光パネルは機械なので経年劣化します。毎年少しずつ(1%弱)発電量は減少していくので、上記の売電量は1年目の一番元気な時の数値である点に留意が必要です。長期間(10年とか)運用しない限り、あまり気にする必要な無いと思います。

九州電力管内は「出力抑制」が行われたことがあるらしいです。「出力抑制」が行われると、発電したのに買い取ってもらえないので、収入が減ります。出力抑制の時間は短かかったそうですが、この点も留意すべきです。

まとめ

開発フェーズの「かけはし」シリーズと比べると大幅に利回りがダウンしますが、太陽が昇る限り発電&売電は行われるので比較的安定的ではあります。

不動産投資のように派手なアップサイドは狙えませんが、ダウンサイドも限定的です。特に本案件は「かがやき」シリーズの第1号案件なのでSBISLも失敗出来ないはずで、その点もプラスだと思います。

安定的≒低利回りを投資家がどのように捉えるか次第ですが、自分のポートフォリオに少し混ぜてみても面白いかもしれません。