ラッキーバンクが金商法二種登録取消処分を受けた

トラストレンディングと同様にある程度予想された展開でしたが、ラッキーバンクも金商法二種登録を取り消されました。

ラッキーバンクと関東財務局のリリースはこちら↓

関東財務局のリリースに処分と対象となった事象が詳細に記載されています。まとめると以下のような内容です。

  • 投資家から集めた50億円をラッキーバンク田中社長の親族が経営する会社に融資したが、これがデフォルトした。更に担保不動産の処分状況を定期的に「確認」しただけで、それ以上担保処分による債権回収を積極的に行わなかった。
  • ラッキーバンク独自の杜撰な担保評価を行い、担保不動産の価値を16億円と不当に安く見積もった。
  • 16億円以上で担保不動産の購入を申し出た会社が実際にあったのに、それらの選択肢を十分に検討せずに、16億円で半ば一方的に債権一括譲渡を決めた。

関東財務局のリリースを読むと、田中社長には資金を可能な限り回収しよういう意思が全く感じられません。最初から50億円の担保価値など無いので、全額回収など出来るはずもないと諦めて、適当な価格で債権譲渡したのかもしれません。

田中社長に非があるのは明らかですが、田中社長は借手の親族の影響下にあったのかもしれないと感じました。本当のワルは借手の親族かもしれません。