funds(ファンズ) フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンド#1が満額成立

本日午後6時から募集を開始した「フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンド#1」ですが満額成立しました。募集金額1億円、期間1年、金利3%でした。

当ブログでは以下の分析時を書いておりました。

スポンサーリンク

コメント(情報提供)を頂きました

上記の分析記事では賃料、賃貸面積がわからないので物件評価が出来ないと書きましたが、読者のA_鈴木さんから「フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイド」 の賃貸募集状況がわかるとのコメント頂きました。A_鈴木さん、ありがとうございます。

教えて頂いたサイトに記載されている募集賃料は以下のようになっています。月坪2万円~3万円前後です。

改めて物件収支を考えてみる

建物全体で募集家賃は月額約69万円、年額834万円です。仮に事業総工費が1億円とすると、表面8.3%という高利回り物件になります。NOIレベルでも7%位は確保できるでしょう。このご時世、こんなうまい話があるのでしょうか?

私は以下のパターンが考えられると思います。

  • 本当に利回りが高い。借り手はビジネスが上手く賃料は相場並みか高く設定できる魅力的な物件で、且つ土地代や建築費を抑えることができ成功案件になった
  • 新築物件なので募集賃料は高め(強気)に設定されていて、交渉の過程で約定する賃料は低くなる(物件利回りは下がる)。
  • 総工費は1億円以上かかっている(≒物件利回りは下がる)が、フィル・カンパニーといちごにとっては1号案件なので金額を集めやすい水準に抑制した。つまり総工費の一部しかファンズで募集しないで、残りは自己資金で対応する。

いずれにしても、本案件は無担保無保証のコーポレート与信なので借手(連帯保証人)の信用力が重要なことに変わりありませんが、物件収支がわかると色々と想像が膨らみます。

Funds
ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする