SAMURAI証券がJトラストと提携

SAMURAI証券がJトラストと提携しました。正確にはSAMURAI証券の親会社のSAMURAI&J PARTNERSが、Jトラストと日本保証と業務提携を結びます。JトラストはSAMURAI&J PARTNERSの増資も引き受けます。

何のことだかわかりにくいと思うので図示します。青字が今回の業務提携です。

スポンサーリンク

Jトラストと提携に至った経緯

SAMURAI&J PARTNERSのリリースから一部を抜粋します。

SAMURAI&J PARTNERSには、事業を行うための許認可と大型案件組成のための資金が不足していたそうです。

当社グループのみでは、人的リソースや資金ニーズのある企業へのチャネルをはじめ、募集手数料や営業者報酬の向上に資するファンド型をはじめとしたエクイティ性の高い商品を組成するための営業者としての許認可が不足しているとともに、取扱金額規模の大きい商品を組成するための資金力が十分であるとはいえず、その成長性や継続性及び信頼性において限界がある状況となっておりました。

資金不足を解消するとともに商品を充実させる目的で、Jトラストをパートナーに選んだそうです。

J トラストが有する国内外の金融ネットワーク及び専門的な金融ノウハウを活用し共同で商品を組成するとともに、第三者割当増資に参画いただくことにより、これまで課題となっておりました資金源をはじめとした商品組成に対する制約を打破することができるものと判断し、クラウドファンディングにおける共同商品組成及び共同プロモーションを行うことによる企業価値向上を目的とした本業務提携を行うことといたしました。

業務提携内容が面白い

具体的な業務提携内容として大きく2つ(債務保証と海外案件)が上げられています。債務保証も海外案件も手掛けているソーシャルレンディング事業者は殆どいないので差別化が図れます。

<債務保証>
日本保証がSAMURAIの商品を保証してくれるようです。これが実現すると大きな信用補完になり商品の安全性が増すと期待されます。

J トラストのグループでこれまでに約 2,000 億円以上もの債務保証実績 を積み上げております日本保証との連携により、債務保証を組み込んだ商品を「SAMURAI」にて共同組成・展開する

<海外案件>
Jトラストが有する海外ネットワークを活用して、海外企業向け融資案件などの商品組成を行う。個人的に「海外案件推し」なので、海外案件が増えるのは嬉しいです。

J トラストは、JT 親愛貯蓄銀行株式会社や JT 貯蓄銀行株式会社、PT Bank JTrust Indonesia Tbk.等の銀行業をはじめとした海外金融事業を幅広く展開しており、これらの企業が有するネットワークを活用することにより、海外企業への融資及び公社債等を活用した商品組成につきましても共同で手掛けてまいります。

今のところ本格的な海外案件はクラウドクレジットしか展開していませんし、案件に保証をつけるというのもLCホールディングスしかやっていないと思います。今回、Jトラストの資本がSAMURAIグループに入ることで資金力、案件組成力の両方が強化されることに期待したいです。

まとめ

SAMURAI証券はこれまでソーシャルレンディング事業者としては、正直そこまで目立つ存在ではありませんでしたが、逆にそうだからこそ匿名化解除をいち早く実行に移して注目を集めました。

悪徳事業者の不祥事や匿名化解除など、ソーシャルレンディング業界が大きく動いているこのタイミングで、SAMURAIは資本業務提携を打ち出して攻勢をかけてきているなと感じます。

提携相手のJトラストは事業者向け金融が祖業で保証や債権回収に強みがある会社だと認識しています。最近は海外金融事業にも注力していて、ソーシャルレンディングと親和性が高い組み合わせだと思います。

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする