【案件分析】SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド2号

応募が低調で3月19日に募集中止になった、あの案件がカンバックしてきました。SBISLが4月2日から「メガソーラーブリリアントローンファンド2号」の募集を始めます。同じ案件ですが1号が不成立に終わったので今回は2号になりました。

スポンサーリンク

募集条件が大幅に良くなりました

募集条件は以下の通りです。

予定年間利回り: 5.5 %
借手資金使途: 既存債務の借り換え資金(太陽光発電事業の事業資金)
予定運用期間: 約10カ月 (2019年4月中旬~2020年2月中旬)
募集期間: 2019年 4月2日 午前10:00~ 2019年4月18日 昼12:00
募集額: 7億5,000万円
出資単位: 1口 5万円、最低1口以上
運用予定表: 2019年5月上旬頃までに交付予定(運用は2019年4月中旬~)
担保評価総額: 8億円

変更点は2点です。どちらも大幅に改善しています。

金利:3.0%→5.5%
期間:12か月→10か月

案件分析

既に1号の募集の際に以下の分析記事を書いておりますのでどうぞ↓

今回は金利も上がり期間も短くなっていますが、以下の試算の通り利払いは出来るようです。

金利5%台は予言的中!

SBISLは今回は失敗出来ないと考えたのでしょう。金利が3.0%から5.5%に大幅アップしました。

自画自賛で恐縮ですが、案件収支を考えると投資家に金利5%程度は配当できるはずだと当ブログでは既に予言(分析)しておりました。以下の記事をご確認ください。

さすがにSBISLは当ブログを見て金利を決めたという事は無いでしょうが、適切な利回りになったと思います。期間を2か月短縮するところまでは予想できませんでした。

まとめ

太陽光発電という安定的なキャッシュフローを生む案件ですので、収益のブレという意味でのリスクは限定的だと思います。

一方で太陽光発電案件は一般的に土地の価値が低く(田舎に作るため)、設備も経年劣化して価値は下落するので出口が難しい投資になりますが、稼働1年目の案件で運用期間10か月ならばリファイ、売却などで上手く抜けられると思います。