お金を貸す際に本当に大切な3つの要素

ソーシャルレンディング業界で延滞案件が相次いでいます。エーアイトラストのような殆ど詐欺みたいな案件もありますが、マネオのように担保評価が杜撰なせいで延滞する案件も多いです。

最近のマネオの延滞案件を見ていて強く思うのは、担保評価の杜撰さだけではありません。期中管理と債権回収ノウハウも著しく不足しています。

スポンサーリンク

お金を貸すだけなら簡単です

お金を貸す仕事をしていた経験で申し上げますが「お金を貸すのは簡単」です。

銀行で働いていると、自社にお金を貸して下さいといってくる方は大勢います。私も昔はお金を借りたいという方が多く来るので「自分の営業力が素晴らしくてこんなにお客さんが来てくれるんだ!」と大変お目出たい勘違いをしていました。

世の中にはお金を必要としている人は たくさんいて、私は銀行という看板を背負っているだけで、お金を持っている(貸す力がある)と思われていただけでした。

極論を言うと、自分に寄ってきた人にお金を貸せば簡単に融資残高を積み上げられます。お金を貸すこと自体は非常に簡単です。本当に大切なのは貸したお金を期日までにきっちり回収することです。

お金を貸す際に本当に大切な3つの要素

貸したお金を回収するには以下の3つの要素(ステップ)をきっちりこなさなくてはなりません。

  1. 案件のリスクを正しく把握する
  2. 融資した後に異常が起きていないかモニタリング(期中管理)する
  3. 期日までにきっちり回収する

案件のリスク把握は説明の必要が無いでしょう。案件のリスクがきちんと把握できないと元も子もありませんが、マネオはこれが出来ていない。貸金業者として致命的です。

マネオは入り口でつまづいてしまいましたが、さらに借手に異常が発生していないか融資期間中はちゃんと目を光らせる(モニタリング)する必要があり、万が一の際は借り手からきっちり取り立てなくてはいけません。

貸金業ではお金を貸すことよりも、貸した後の方がはるかに重要で大変なのです。

おそらくマネオやオーナーズブックには融資申込が毎日たくさん来るはずです。お金を貸す案件には事欠かないと思われますが、本当に貸してもよい案件は殆どないはずです。

まとめ

ソーシャルレンディングを貸金業の一類型だと考えると、ソーシャルレンディング事業者は全体的に貸金業のノウハウが不足しているように思います。

例えばマネオの延滞案件では以下のパターンを良く見ます。
①借手がリファイや資産売却をするように「働きかける」
②上手くいかなさそうだと「債権売却」を「視野に入れる」

私に言わせれば非常に消極的な債権管理と回収といわざるを得ません。基本的に他人任せです。借手が解決できなければ債権をサービサーに売却して終わりです。延滞という最悪の事態に陥る前に債権保全・回収を図るわけでもなく、延滞後も温い対応に終始しています。

これはマネオに限った話ではなく、オーナーズブックも同様です。誤解のないように申し上げますがオーナーズブックでは延滞案件は今のところありません。私が申し上げたいのは、オーナーズブックは「不動産のプロ」が厳選した案件に融資するスキームですが、「不動産のプロ」は「貸金業のプロ」では無い点に注意が必要です。

不動産についてはプロかもしれませんが、貸したお金をきっちり回収しきるだけのノウハウや人材は揃っているのでしょうか。私見ですが、銀行が貸せない深さのLTVまで貸すという事は銀行並みかそれ以上の債権回収ノウハウが必要になるはずです。

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

コメント

  1. ぽんず より:

    はじめまして。
    コメント失礼致します。

    >「不動産のプロ」は「貸金業のプロ」では無い

    >不動産についてはプロかもしれませんが、貸したお金をきっちり回収しきるだけのノウ>ハウや人材は揃っているのでしょうか。私見ですが、銀行が貸せない深さのLTVまで貸
    >すという事は銀行並みかそれ以上の債権回収ノウハウが必要になるはずです。

    私は貸金業をやっていたことがありますが、
    上記の部分、すごく同意です。(日本語おかしいですが)
    私は1件以外、全てオーナーズブックがシニアローンの案件に投資しています。
    オーナーズブックは遅延が起きてからが本当の評価になるでしょう。

  2. 麗人 より:

    私も以前からの思っていた事ですが、全くその通りです。貸すのは簡単、取り立て大変です。焦げ付いてからが真価を問われます。

  3. 匿名 より:

    オーナーズブックのQ&A
    もし期限の利益喪失をしてしまった場合、借り手側にどのような形で取り立てをするのでしょうか?回収する人材や部署はありますか、もしくは委託になりますか?
    の解答にもあるようにリスク管理はできている私は感じます。
    役員紹介にも債権回収で実績がある方も居ますし。