全てのソーシャルレンディングは不動産投資型クラウドファンディングに通じる!?

ソーシャルレンディングやクラウドファンディングと呼ばれる事業を営む会社は、金商法に加えて貸金業法か不動産特定共同事業法に基づいて事業を行っています。

ソーシャルレンディングもクラウドファンディングもビジネスモデルを見てみると投資家が負担するリスクは究極的には不動産投資と同等ではないかと感じたので検証してみました。

スポンサーリンク

CREALもFANTASも事業として無事に1回転した

不動産特定共同事業のライセンスで不動産投資型クラウドファンディング事業を展開しているCREALとFANTASは無事に償還を迎える案件が出てきて、資金募集→投資→運用→資金回収と順調にこなして事業として1周ちゃんと回った状況です。不動産への投資という非常に分かり易くシンプルなビジネスモデルなので私は好んで投資しています。

ソーシャルレンディング案件のリスクは不動産投資に近い

ソーシャルレンディング案件のうち、太陽光発電や海外法人向けローン案件等の一部の例外を除けば、マネオ・オーナーズブック・SBISL等が募集するほとんどの国内案件は不動産を担保にしています。

とすると、ソーシャルレンディング案件とは借手向けの融資ではあるものの、突き詰めれば「不動産担保融資」になります。特にSBISLは不動産担保融資であることをはっきり打ち出して多くの案件を募集していますね。

不動産を見合いに銀行より高いLTVで融資している以上、投資家が負担する最終的なリスクは限りなく不動産投資に近いと言えるのではないでしょうか。

以下の図は不動産を担保にした案件のイメージ図です。ソーシャルレンディングでは不動産を見合いにお金が流れ、不動産投資型クラウドファンディングでは不動産に直接お金が流れますが、両者はどちらも最終的に不動産に行きつきます。

シンプルな不動産投資型クラウドファンディングがベター

このように考えると、借手を通じて不動産見合いの融資をするソーシャルレンディング案件より、直接不動産に投資する不動産投資型クラウドファンディングの方が確実な気がします。

最近のソーシャルレンディングの延滞案件を見ると、不動産を担保に取ってはいるものの、借手がリファイするのを待つとか債権譲渡を検討するとか、とにかく手間と時間のかかる債権回収手段を講じないと、投資を回収できない状況です。

そもそもソーシャルレンディング案件では一般的に借手の信用力は低いと考えられるので、一度延滞すると第三者からのリファイは簡単ではありません。むしろソーシャルレンディング事業者と担保不動産の間に借手が挟まっていることで、話がややこしくなっているような気さえします。

まとめ

誤解の無いように申し上げますが私は全てのソーシャルレンディング案件が悪いとは言っていません。投資は分散が肝要ですし、私自身もSBISLの不動産担保ローン案件には投資しています。このシリーズは不動産を担保に融資することが明らかでスキームもシンプルなので、私の好みに合います。

投資はシンプルな方が間違いなく良いです。不動産投資のようなリスクを取るなら、不動産投資型クラウドファンディングが良いと思います。

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする