SBISL不動産バイヤーズローンファンド32号を検討してみた

4月16日午前10時からSBISL不動産バイヤーズローンファンド32号の募集が始まります。いつも通り案件を検討してみました。

スポンサーリンク

案件概要

本案件は借手の転売用不動産の取得資金です。不動産を転売して資金を返済することになります。お馴染みの案件ですね。

予定年間利回り 6.5 %
運用期間 約12カ月(2019年4月下旬~2020年5月中旬)
募集期間 2019年 4月16日 午前10:00~ 2019年4月23日 昼12:00
募集額 3億500万円
出資単位 1口 5万円、最低1口以上

借手・担保物件

借手は2社です。下図の通り借手①がメインの借手です。2億9,000万円借りたいそうです。借手②は1,500万円で良いそうです。金額から推測するに借手②の担保物件はおそらく1物件だけですね。

さて本シリーズでは毎度のことですが、SBISLは独自に開発したLTVを用いています。正確には「LTV」では無く「融資比率」という言葉を使っています。

借手①本当のLTVは78.0%です。借手②は先順位債権者がいないので71.4%です。なお、不動産価値を推測できる情報は一切開示されていないので、上記のLTVはあくまでSBISLの評価額をベースにしたものである点に留意が必要です。

まとめ

引き続き完全に匿名化された案件です。SBISLはオーナーズブックと同じく、第2種金商業協会のルール制定を待つという消極的スタンスを維持しているものと思われます。

SBISLの実績を信じて「目を瞑ったままで投資できるぞ!」という方にはお勧めです。

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

コメント

  1. 麗人 より:

    昨今SBISLには盲従してるファンが多い中、元銀行員さんの冷徹な意見有難く拝見させていただいています。大変参考になります。

  2. 電力マン より:

    バイヤーズは期失実績があるので、それほど安全だとは思えません。
    私は毎回パスしています。