クラウドクレジット杉山社長のブログ記事

クラウドクレジットの杉山社長のブログ記事がメール配信されてきました。記事の概要は以下の通りです。

タイトル「新興国通貨も分散投資をお願い致します」

・新興国通貨は暴落(円高)が恐れられるが、リスクに見合ったリターン(金利)を取れば、5年・10年というスパンで見ると、なかなか魅力的なリターンを確保できる。

・新興国通貨はハイリスクなので分散投資が重要である。

・新興国通貨建てのファンドでも、主なリスクは「貸付先の貸し倒れリスク」である。

クラウドクレジットからお借りしました

私は以前クラウドクレジットのセミナーに参加して杉山社長の話に共感して、既に投資をしているのですが、これまでは為替リスクを懸念してヘッジがついているものだけに投資をしてきました。
今回の記事で長期的に見れば為替リスクをカバーできるほどのリターンが得られる可能性が相応にあるということですので、今後はヘッジ無しの商品も検討してみたいと思います。

多くのクラウドファンディング業者が日本国内の案件で10%近いリターンを謳うことに私は違和感を感じています(高いリターンは高いリスクが伴うため、個人投資家向けの金融商品としては不適格なのではないかという懸念)。その点、金利高の新興国案件への投資を推進するクラウドクレジットには共感しています。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット