マネオ(maneo):クラウドリース向け融資案件2,000万円が期失(延滞)

マネオ(maneo)が組成したクラウドリース向けの融資案件2,000万円の期失(延滞)が発生しました。 マネオのリリースから読み取れることをまとめました。

スポンサーリンク

案件概要

貸付金額 ¥20,000,000
運用利回り 6 %
借入期間 5 ヶ月
貸付実行日 2018年12月11日
返済完了日 2019年05月28日
返済方法 5 ヶ月後一括返済  (利払いは毎月)
※但し、期限前返済の場合有
担保 無し  保証 無し

マネオのリリースを分析します

マネオのリリースから一部を抜粋します。重要な箇所を太字でハイライトしました。

2.経過

2018年12月に当社が事業者BL社(以下、「クラウドリース社」という)に対して転貸資金融資を行うため、「クラウドリースセレクトファンド」として2,000万円を募集させていただきました。
maneoマーケット社が「Crowd Lease」サイトに掲載しました2019年4月5日付の公表文(※1)にございますとおり、4月4日にクラウドリース社はmaneoマーケット社に対し、「4月10日の配当期日のファンドの支払を停止する、回収に向けた業務は継続する、今後の対応を弁護士に委嘱した」などとする通知を送付いたしました。その後、maneoマーケット社はクラウドリース社の代理人弁護士からの受任通知を4月8日付にて受領しております。

「Crowd Lease」本体におけるファンドのすべてが期限の利益を喪失している状況であるところ、本件貸付債権に関しましても、4月30日の約定利息の未回収が発生し、期限の利益を喪失しております。


当社は、一刻も早く、また最大限の回収を図るべく、クラウドリース社に対する返還請求とともに、返済計画に係る説明の要請等を行って参る所存です。また、4月19日付の公表文(※2)に記載の、maneoマーケット社がクラウドリース社に対して要請した説明及び資料については、maneoマーケット社を通じて当社にも共有される見込みであり、当社としては、当該説明等も踏まえて今後の対応を検討いたします。

※1 「Crowd Lease」サイトに掲載(4月5日付)
https://www.crowdlease.jp/material/fund/news/20190405.pdf

※2 「Crowd Lease」サイトに掲載(4月19日付)
https://www.crowdlease.jp/material/item/osirase/20190419.pdf


3.今後の状況報告について

該当投資家の皆様には、回収状況につきまして、引き続きメールにてご報告いたします。

4.その他

該当投資家の皆様の「my maneo」内の「運用予定表」には5月7日までは「正常」と表示されます。5月8日(※時刻は未定でございます)以降は「期失」と表示されます。「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、5月7日までは「運用中」と表示されます。5月8日以降は「期失」と表示されます。上記「1.融資案件の概要」の1件につきましては、4月30日に債務者からの約定利息の未回収が発生しましたので、5月13日の分配日には、分配は行われません。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。今後、全力で回収に努め、進捗をご報告いたします。

2019年5月7日
匿名組合契約における営業者 maneo株式会社
匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

クラウドリースは全案件が期失(延滞中)

クラウドリースは今年2月時点で全案件の期失(延滞)が懸念されており、4月に正式に?延滞になりました。クラウドリースに関する記事のリンクをご参考までに以下に貼ります。

ということで、この事態はある意味予見されていたわけですが改めてマネオは無責任だなと感じます。クラウドリースはマネオ・ファミリーの一員だったわけですから、あたかも外部の第三者が延滞したかのような書き振りはおかしいですよね。 順調な時は「ファミリー感」を前面に押し出しておきながら、調子が悪くなると弁護士を通じてしか話もしない。新婚の時は良かったけど今は離婚調停中ということになりますが、それに巻き込まれる投資家はたまったものではありません。

本案件は運転資金で無担保・無保証

本案件はクラウドリースに対するざっくりした融資案件なので、資金使途の決まりも無いですし担保も保証もありません。いちおうクラウドリースより先のレベルで売掛債権譲渡担保を取っていると書かれていますが、クラウドリースの他の案件を見ると担保価値が本当にあるか微妙だと思います。

今度どうなるのか?

無担保・無保証で資金使途もあいまいなので正直お金がどこに流れたのかわかりません。更にクラウドリース自体が機能不全に陥っているので、本案件に投資された方にはひどい話ですが、現状を冷静に受け止めると、この状態では全額回収は困難だと言わざるを得ないと思います。

ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする