【案件分析】FANTAS repro(空き家再生) PJ 第5号~8号

FANTASが1/24から募集を開始する「空き家再生 PJ 第5号~8号」を検討しました。

スポンサーリンク

結論

  • 空き家を再生させ収益不動産にするというFANTASのコンセプトは賛同できます。一方でリフォームしてからリーシング活動する ので (PJ5号除く) 、どうしてもキャッシュアウトが先行しがちですし、対象不動産は大都市近郊に所在するので賃貸需要がどれほどか見極めがつけ辛いです。
  • 投下資本は抑えられるものの、リフォームとリーシングが絡むので相応のリスクがあると思います。またノウハウも必要になります。仮に私が手掛けるのであれば年利20%以上のリターンを目指します。FANTASのリターン目線もその位だと勝手に推測します。
  • FANTASによれば、 「空き家再生、運用、売却の実績が多数あり、当該エリアにおける賃料水準の見極めや効果的な賃貸募集活動について、経験に基づく見識を持ったチームが再生から販売までを行う」とありますが、少なくともHPのプロジェクト一覧で、運用が完了した案件は無いようです。
  • FANTASに限らず、この様な物件を専門に投資している不動産投資家がおられるのは知っておりますが、ちょっと私の守備範囲からは外れているという印象です。 投資回収の実績が確認できれば話も変わってくるかもしれませんが、今のところ、このシリーズへの投資は見送りたいと思います。

案件概要

本プロジェクトは全国的に深刻化している空き家問題を解決するためのFANTASの施策とのことです。このシリーズの概要は以下の通りです(HPから抜粋)。

FANTAS reproは何らかの事情で空き家となってしまった住宅を引き取り、再び利用可能な状態へ再生(機能回復修繕、リフォーム、リノベーション)、入居者を募集し運用を行います。 これにより、管理水準の低下した空き家を再び生き返らせるのです。 保有期間中の家賃収入及び売却益が配当原資となります。

物件概要

対象物件は埼玉県入間郡、千葉県流山市、神奈川県平塚市、 千葉県千葉市若葉区に所在する戸建住宅であり、改修(リフォーム)とリーシングをした後、売却する計画です。投資期間は半年程度です。

FANTASのHPからお借りしました

まとめ

  • 分析するための情報開示は殆どありません。簡単なビジネスプランを開示して頂けると、イメージがつきやすいと思います。
  • 投資案件というよりも空き家再生(≒地域活性化)案件という印象を受けます。趣旨に共感できる方なら投資しやすいかもしれません。
  • あくまで投資案件として考えるとすれば、私なら投資しようと思う資金を5号から8号まで均等に分散して投資します。空き家再生案件なので、リフォーム・リーシング・売却のステージ毎に、上手くいかないリスクがあります。これらのリスクを下げる必要があるので、全物件でポートフォリオを組むイメージで投資します。