集団提訴、ラッキーバンクの次はグリーンインフラレンディングか?

昨日2019/1/21付けでラッキーバンクが集団提訴されました。以下の報道によると原告45人、損害賠償請求額は2.7億円とのことです

投資募集会社を集団提訴 投資家45人、2億円請求
インターネット上で投資を募集し企業に貸し付けるソーシャルレンディングを行う「ラッキーバンク・インベストメント」(東京)がうその説明で投資を勧誘したため損害を被っ…

ラッキーバンク事件の経緯については以下のサイトがよくまとまっています。

ラッキーバンク事件は詐欺なのか?被害額33億円の時系列まとめ
2018年12月5日、ラッキーバンクから債権譲渡の発表があり、ラッキーバンクの大規模遅延は「投資家の約7割損失」という形で一応の決着が付きました。しかし、投資家にとって納得のいく結果でないことは明らかです。このページは「訴訟する方」「事件と

今回ラッキーバンク事件の原告代理人を務める東京フィールド法律事務所の鈴木弁護士のブログを読んでいたら以下の記事が出ていました。maneo・グリーンインフラレンディングの延滞事案について投資家から相談を受けているそうで、しかも今、相談を申し込むと第2弾になるそうです。第1弾の集団訴訟の準備が進んでいるという事なのでしょうか。

弁護士の良心  : maneo ・グリーンインフラレンディング(第2次)