【案件分析】funds(ファンズ)大田区XEBECファンド#1

fundsが第1弾となる3案件の詳細情報を1/23深夜0時に公開しました。募集開始は同日午前10時半からです。時間が殆ど無いので、ざっくりした分析になります。

スポンサーリンク

結論

  • デュアルタップという東証2部上場の不動産会社が、大田区蒲田の物件を購入(実際は開発?)するにあたり、約2,600万円の資金を調達する案件です。金利5.0%、期間1年です。
  • デュアルタップ全体の調達コストは、担保付借入で1.5%程度だと考えられます。
  • 5.0%という金利はかなり高いですが、本案件は無担保・無保証なので、デュアルタップの信用リスクを負うことになります。期間1年程度で金額も小さめなので、何とか大丈夫かなという印象です。

分析

デュアルタップのHPからお借りしました。
  • デュアルタップの2018年6月期の借入金は全部で38億円、うち担保付借入は35億円です。借入はほぼ全て有担保借入です。
  • そんな中で個人投資家からは無担保・無保証で資金を集めようとしていることになります。
  • なお、支払利息は5,900百万円ですので、調達金利は概算ですが1.55%(5,900万円÷38億円)です。担保付なのでこの水準なのでしょう。
2018年6月期有価証券報告書P.14から抜粋

2018年6月期有価証券報告書P.49から抜粋

案件概要

funds(ファンズ)のHPからお借りしました。

予定利回り(年率・税引前) 5.0%
募集金額  26,200,000円
運用期間  12ヶ月  2019/2/14〜2020/1/31*予定
担保・保証  担保なし・保証なし
償還方法  満期一括
配当方法  毎四半期
最低成立金額  25,200,000円
最低投資金額  1円
募集期間  2019/1/23 10:30 〜 2019/2/6 13:00

案件の特徴

funds(ファンズ)のHPからお借りしました。

当ファンドでは、株式会社デュアルタップが連結子会社である株式会社Dualtap Property Managementに対して貸付を行います。Dualtap Property Management社はその借入金を原資として物件を購入し、通常はその物件の投資益をもって、デュアルタップ社に対して借入金の返済を行います。

投資家の皆様への分配は、デュアルタップ社がDualtap Property Management社から受け取る利払い金・返済金を原資として行われます。

funds(ファンズ)のHPから引用
funds(ファンズ)のHPからお借りしました。

当ファンドでは、借り手であるDualtap Property Management社がファンド組成企業であるデュアルタップ社に対して利払い・返済の責任を負います。

つまり、投資家が受け取る分配金額は、Dualtap Property Management社のデュアルタップ社に対する利払い・返済に連動し、今回行うXEBECシリーズの事業の成否とは直接連動しません。

なお、当ファンドでは、デュアルタップ社がDualtap Property Management社に対して、経営・財務の健全性を維持するための指導及び管理を行います。

funds(ファンズ)のHPから引用
ランキング参加中

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする